上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二見から松坂へ

もちろん、目当ては 「松坂牛」

息子達のリクエストで ガッツリ焼肉系 「一升瓶 本店」 へ
繁盛店らしく、午後2時過ぎにもかかわらず、30分ほど並ぶ。

さて、いきなり松坂牛A5 の旗がたった肉

20150920_200.jpg

そのまま食いたい程の 見事なサシだ・・・

軽くあぶって、ワサビで食す。

S__9658451.jpg

ん~! ジューシーな脂が口の中に広がる。

ホルモン系も新鮮で、なかなか侮れない

S__9658452.jpg

しかし、ビールを呑めないのが、何と言っても 痛い!
松坂牛への敬意と、アルコールの未練を残して 店を出た。

                        

黄昏はじめた空の下、家路につく。
混雑しだした東名阪道を通り抜け、名古屋駅にて解散。
長男は岡崎へ、次男は東京へ

雑踏の中へ消えていく 息子達の後ろ姿を見送りながら
次男のiPhoneからBluetooth接続で流れていた
カーステレオの音楽がプツリと切れた・・・

街燈の明かりが、急に寂しげな色に染みてきた。

気を取り直し、いまどきの音楽から ユーミンへとチェンジ
音量を少し大きめにして、ひとり浜松へ車を走らせる。

                        

ほぼノープランにも関わらず、充実・満腹・大満足の男旅だった。

次は少し足を伸ばして四国か、
いっそ海外もいいなあと
旅の空へ、あれこれ想いを馳せるオヤジである・・・

( このシリーズ 完 )
Secret

TrackBackURL
→http://horisa.blog85.fc2.com/tb.php/833-3becb387
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。