上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて お目当ての 「海の博物館」

20150919_023.jpg

風土に溶け込むように
しかも エッジの効いたランドスケーブが 絶妙!

20150919_077.jpg

入り江と小舟を連想させる 玄関先のアート
素朴で さり気無い

木造の大スパンを支える小屋組は
どこか鯨の骨格のよう

20150919_029.jpg

書物によると、クライアントと 建築家内藤廣は
世界中の博物館、美術館を見て廻り

ここに造るものの理念を熟成させ、また共有化し
時代に耐える展示空間を創造して行ったそうだ。

まさに骨太の建築
内藤廣の 真骨頂だ

20150919_050.jpg

素っ気無い けど 味わい深い

浮ついたデザインを排除しながらも

民芸品のような趣を醸しだしている

20150919_072.jpg

ここには、人と空間と物との間に
凛とした空気感が漂う

20150919_056.jpg

完成から、20年を経てなお
じっくりと熟成を重ねている。

なんとも、魅力的な建築。

Secret

TrackBackURL
→http://horisa.blog85.fc2.com/tb.php/828-7de064aa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。